國分絮虹作品集

 アイキャッチをクリックすると作品全体が表示されます。

たまひびき

「波立つ萩の玉響」

白萩が一面の野。萩の花はとても小さいけど、たくさんの撓った葉枝が重なり、風に揺れると、白い玉が波のしぶきのようにぶつかり合い、響きあう景色となる。同時に、言葉の中には、波、涙、波立つ気、その響きなどの重なる内面があります。 

「波立つ萩の玉響」(Nami-tatsu hagino tamahibiki)

White bush clovers are all over the field. Though flowers of bush clovers are so tiny, when their branches and leaves are piled up and trembled in the wind,white water drop crashed each other, and then the scenery reaches our hearts. At the same time, these words include various meanings like waves, teardrops, uplifting spirit, sounds and so forth in the inside.

コメントを残す