國分絮虹作品集

↑ アイキャッチをクリックすると作品全体が表示されます。

 

のいばら

野茨の実を摘む人のつみあかずゐる。これは河東碧梧桐の詩。彼は、いわゆる定型俳句から口語、散文なども使いながら詩形が変化していきました。

 

「野茨の実を摘む人のつみあかずゐる(Wild rose berry picker will never get tired of)is the poem of Kawahigashi Hekigotou. His verse form changed from fixed form haiku to much more flexible ones using colloquial and prosaic style.

國分絮虹作品集トップへ

コメントを残す