「労働三権」とはどういうことですか。

「TEM 知恵の輪クラブが答えます。」

Q

「労働三権」とはどういうことですか。

A

  日本国憲法では「労働者の権利」について以下のように定めています。

28条 勤労者の団結する権利及び団体交渉その他の団体行動をする権利は、これを保障する。

「団結する権利」(団結権)、「団体交渉」をする権利(団体交渉権)、「その他の団体行動をする権利」(争議権)を、憲法が保障する労働三権といいます。

団結権とは、労働条件の維持・改善を目的として使用者と対等な交渉力を有する労働組合を結成する権利のことです。

企業と一人の労働者とでは、労働条件の改善交渉をするに当たっても大きな力の差があり、労働者は劣位に立ちます。そのため、労働者が使用者との交渉において対等な立場に立つことを促進することにより労働者の地位を向上させること、労働者がその労働条件について交渉するために自ら代表者を選出すること、その他の団体行動を行うために自主的に労働組合を組織し、団結することを擁護すること、使用者と労働者との関係を規制する労働協約を締結するための団体交渉をすること、その手続を助成することを目的として労働組合法が制定されました。

労働組合は、労働委員会による資格審査を受けて労働組合法2条・5条2項の規定に適合することを立証しなければ、労働組合法に規定する手続きに参与する資格や救済を与えられません(労組法5条1項)。

団体交渉権とは、労働組合が企業・使用者と労働条件について交渉する権利のことです(労組法6条)。

争議権とは、労働組合がその主張を貫徹することを目的として行う同盟罷業・怠業(ストライキ・サボタージュ)等、業務の正常な運営を阻害する行為を行う権利のことです(労働関係調整法7条)。

TEMQ5)

 

トータルEメディア出版刊

 宮澤俊夫著よくわかる憲法講義ノート

コメントを残す