人がなくなったその日にすることは?

「TEM 知恵の輪クラブが答えます。」

Q

人が亡くなったその日の手順について教えてください。

A

ほとんどの人が病院で亡くなるため、病院で死亡してから後の手順について説明します。

まず、医師により死亡が告げられますと、末期の水などを経て、葬儀社に連絡して、遺体搬送車の手配をします。従いまして、あらかじめ葬儀社を決めておくことをお勧めします。

そして、葬儀社に遺体の搬送を依頼する際に、前もって決めておいた搬送先の正確な住所を伝えます。

次に、搬送車到着までに病院の清算を済ませ、医師に「死亡診断書」を書いてもらいます。死亡診断書は、保険金請求などで必要になるため2通作成してもらいます。

また、病死以外の例えば事故などで亡くなり、検視を受けた場合、警察から「死体検案書」を受け取ります。

そして、死亡診断書又は死体検案書を持って、7日以内に市区町村役場に「死亡届」を提出します。死亡届を出すと故人の資産は凍結されます。

さらに、埋葬・火葬を行なうため、原則として死亡届と同時に、市区町村役場に「火葬許可申請書」を提出します。

さて、亡くなった日の手順に戻りますが、次に、近親者や菩提寺などに連絡します。

以上が終了したら、葬儀社が手配した遺体搬送車を待ち、到着したらご遺体を乗せ、遺体安置所へ出発します。

以上が、亡くなったその日においてなすべきことになると思います。

 

TEM生Q5

トータルEメディア出版刊 

実藤秀志著あなたの“終活”を大成功に導く」

コメントを残す