人が亡くなり、葬儀の後の手続きについて教えてください。

「TEM 知恵の輪クラブが答えます。」

Q

人が亡くなり、葬儀の後の手続きについて教えてください。

A

まず、亡くなった直後に行うべきこととしては、会社員等の「健康保険の資格喪失手続」を5日以内に、「国民健康保険の資格喪失手続」については14日以内に市区町村役場の窓口にて、被保険者証を返却する形で行います。

また、世帯主の変更があれば、やはり14日以内に「世帯主変更届」を市区町村役場に提出します。

次に、少したって落ちついたら行うべき手続として、電気・ガス・水道の解約・変更手続、電話の解約手続、運転免許証の返納、パスポートの届出、クレジットカードの解約、葬祭費・埋葬料の請求といったものがあります。

ここからはお金に関係した大事な手続になります。

まず、「遺族年金」の請求手続です。例えば、あなたのご主人が亡くなった場合、遺族基礎年金と遺族厚生年金を受け取ることが十分考えられます。この場合、請求者は給付対象の遺族で、通常最寄りの年金事務所に請求します。

必要書類としては、年金手続や前述の死亡診断書(コピー可)などがあります。

遺族年金の受給額は、子供がいる場合と、いない場合など条件によって変ってきますが、足りない場合「収入保障保険」とか「個人年金保険」などで、ある程度亡くなった方の財産があれば相続によって補填できるはずです。

次は、ある意味金額も多額で、最も大事なものと言える「死亡保険金」の請求手続です。この手続は、各保険会社のホームページにも記載はありますが、真っ先にすべきことは、保険会社の担当者かコールセンターに連絡することです。

連絡を受けた保険会社では、保険証券の番号、亡くなられた方の氏名、亡くなられた日、亡くなられた原因などを確認します。

その後、以下の必要書類を保険会社に提出することになります。

提出する書類

保険会社の定の請求書

保険会社から送付する請求書に、受取人が記入

保険証券

保険証券の準備。万が一紛失した場合は請求書の紛失届欄にチェック。

死亡診断書

医師が発行する死亡診断書(または死体検案書)

本人確認書類

運転免許証・パスポート・健康保険証いずれかのコピー

 

(TEM生Q6)

トータルEメディア出版刊

実藤秀志著あなたの“終活”を大成功に導く

79ページ~80ページより

コメントを残す