節約するには、どのようにしたらよいでしょうか。

「TEM 知恵の輪クラブが答えます。」

Q

節約するには、どのようにしたらよいでしょうか。

A

①給料が振込まれたらまず貯金

世の中には、数日で一か月の給料を使ってしまう方もいます。人はやはりお金を見ると使いたくなるものです。

そこで、給料(例えば30万円)振込まれたら、「必ず、すぐに5万円は貯金する」とかいうことを、あらかじめ決めてしまってはいかがでしょうか。

②固定費を節約する

固定費とは、毎月一定額の支出を伴うもの、例えば住宅ローン、保険料、通信費などのことです。

これらについては、住宅ローンの組み替え、保険の見直し、通信プランの見直しを行えば、長期的にも大きな節約となります。

③「カード払い」をなるべくやめる

私もカードを使っていますが、どうしても買おうか買うまいか迷った場合には、カードが利用できると買う方に流れ、余計な支出をしてしまうことがよくあります。

カードでも現金でもお金をいずれ払うことは同じなのですから、消費過剰ぎみの人は、いったんカードをどこかに仕舞い、使えないようにしてみたらいかがでしょうか。

④毎日の習慣を見直してみる

「塵も積もれば山となる」ということわざがありますが、毎日の小さな無駄を見直し・発見し、出費を削ってみてはいかがでしょうか。

例えば、毎日コンビニに立ち寄り、不要な物を買っていませんか、そう小さいことをいったん見直してみて下さい。

⑤外食をなるべく控える

私もたまに外で飲んだりもちろんしますが、後で考えると、結構、高くついたりするものです。

元々、外食産業自体がサービス業のため、飲食の提供のみならず、ムードなど雰囲気も提供している部分もあるのです。

そこで、全て止めた方がよいということではなく、1週間2回外食しているところを、1回にするとか、少し節約を考えてみてはいかがでしょうか。

⑥休日はお金を使わないで遊ぶ

休日に家族でディズニーランドに行ったり、スポーツ観戦したりすることなどは実に楽しいことですが、家族4人で行けば数万円かかることがあります。また、こうした楽しい出費は誰も反対もしません。

そこで、こうした出費についても2回を1回にしたりして、見直したらいかがでしょうか。

⑦事前に予算を設定する

物を買う時、何か尺度がないと決定しにくいものです。

そこで、あらかじめインターネットなどで調べて、買う物の予算を設定しておくことは、良い方策と思います。

(TEM生Q7)

トータルEメディア出版刊

実藤秀志著老後破産しないための6,000万円獲得大作戦

63ページ~65ページより

コメントを残す