「報告・連絡・相談」をうまくするには?

「TEM 知恵の輪クラブが答えます。」

Q

「報告・連絡・相談」をうまくするには?

A

「報告・連絡・相談」10のポイント

1.「報告・連絡・相談」は、「ビジネスの要」であり、組織は「報告・連絡・相談」で動く。

2.「報告・連絡」は、「結論」から先に話し、細部について聞かれたらその場で答えられるように準備しておく。

3.「結論」と「自分の意見」を取り違えないこと。自分の意見を入れた「結論」ではなく「結果」としての「事実」を「報告・連絡」する。

4.口頭で「報告・連絡」し、その後、必要に応じて書面で「報告・連絡」をする。

5.「報告・連絡」は必ず指示・命令を出した人に直接行う。

下記のような場合は、「経過報告」を行う。

①命令された仕事の期日に遅れそうな場合。

②指示された方針や手段ではダメな場合。

③状況が指示・命令時点と変わってきて、そのまま指示・命令どおりにアクションをとると、当初予想されたような結果が出ない場合。

④仕事の見通しがついた場合。

6.ルーチンな仕事から逸脱した点、例外的な事態の発生は、即座に「報告・連絡」する。

7.自分の権限を越える事柄、自分の能力では手に負えない処理事項などに直面したら、速やかに「相談」する。(自分でいつまでも抱え込んで悩み、仕事をストップさせないこと)

8.「相談」にあたっては、「相談」したいことを要領よくまとめてから行う。

9.急を要する場合は、第一報として電話で上司に「報告・連絡」して指示を仰ぐ。

10.「報告・連絡・相談」は、「上司の機嫌のよいときに・・・」と絶対に思ってはならない。

TEMQ5

トータルEメディア出版刊

橋口寿人著「このまま使えば会社が良くなるワークブック

10ページより

コメントを残す