能率的に仕事を進めるには?

「TEM 知恵の輪クラブが答えます。」

Q

能率的に仕事を進めるには?

A

仕事の要領をつかむには

○「要領の悪い人」とは

当人は、一生懸命に仕事をしているのに、周りから見れば、「中途半端で、さっぱり成果が上がらない」という人がいる。要するに要領が悪いのである。こういう人に共通して言えるのは、次のことである。

ア、便利な道具があるのにそれを使おうとしない。

イ、知識や情報を活用していない。

ウ、組織で仕事をしないで、自分ですべてを抱え込んでしまう。

エ、仕事の段取りが悪い。

オ、簡単な仕事なのに、複雑に処理している。

カ、仕事に取り組んでいても、それをこなすことばかりを考え、成果をあげようという気持ちがない。

さて、ご自分はどうであろうか。

特に、「自分は頭がよい」、「誰よりもよくやっている」、「勤勉さでは引けを取らない」とうぬぼ自惚れている人にかぎって、この「要領の悪い人」の部類が多い。

要領よく仕事を進めて、大きな成果をあげるためには、次の「能率の6原理」を肝に銘じる必要があるだろう。

「能率6原理」

①移転の原理

人間の仕事の一部を機械に移すことである。近頃はITという強い味方があるのでこれを使わない手はない。

②補足の原理

 自分の能力の不足は、知識の吸収や情報の収集で補える。

③分担の原理

適材適所でチームワークを発揮し、自分が最も得意とするところで力が発揮できるようにする。

④連結の原理

仕事を一連の流れで把握し、順序よく処理したり、複数の仕事を同時こなさなければならないときは、優先順位を決めて、全体がうまく流れるようにする。

⑤単一の原理

 処理方法をできるだけ単純化、標準化する。

⑥発奮の原理

「必ずできる、やり遂げる」という強い意志をもって仕事に取り組むことである。

 

(TEMビQ3)

トータルEメディア出版刊

橋口寿人著「仕事の上手な進め方 その2

8ページ~10ページより

コメントを残す