八重野 充弘先生紹介

八重野 充弘
1947(昭和22)年、熊本市生まれ。1970年立教大学社会学部社会学科を卒業。 出版社勤務を経て、1992年にフリージャーナリストとして独立。

1974(昭和49)年より日本の埋蔵金伝説の調査研究を始め、実際に発掘を行った場所も十力所を超える。その体験をもとに執筆活動、講演、テレビ番組の企画を続けている。

著書に『謎解き・徳川埋蔵金伝説』『日本の埋蔵金100話』『埋蔵金伝説を歩く ぼくはトレジャーハンター』『埋蔵金発見! 解き明かされた黄金伝説』などがある。

1978年に日本トレジャーハンティング・クラブを設立、現在も代表を務める。 日本推理作家協会、日本旅行作家協会に所属。

コメントを残す

WordPress Image Lightbox Plugin