編者(一社)ロングステイ財団紹介

ロングステイ財団について
ロングステイ財団(一般財団法人ロングステイ財団)は、1992(平成4)年2月に通商産業省(現 経済産業省)の認可を受けて設立された財団法人です。

1964年の「海外旅行の自由化」によって、海外旅行は自由時間活動として一般的に定着しました。自由化から約50年が過ぎた現在においては、海外旅行のスタイルも従来の短期周遊型の旅行から比較的長く一定地域に滞在し、現地で生活をしながら自由時間の活動を行うといった幅広いものにまで広がり、個人が望む旅行のスタイルはさまざまなものに変化しています。
このような社会的背景を受けて、ロングステイ財団では「生活の主たる源泉を日本に置きながら海外の一箇所に比較的長く滞在し、その国の文化や生活に触れ、現地社会に貢献を通じて国際親善に寄与する海外滞在スタイル」を総称してロングステイと名づけ、ロングステイの普及・啓発活動に取り組んでいます。

ロングステイ財団が設立され、普及・啓発活動を展開するにあたり、財団ではより多くの方々にロングステイを知っていただくために、また、ロングステイに対する理解を深め、取り組んでいただくための環境整備として「ロングステイにかかわる調査研究」や「季刊情報誌『LONG STAY』の発行」、「各種セミナーの開催」「ロングステイ関連情報の提供」「ロングステイメンバーズクラブの設置」「ロングステイアドバイザー制度の創設」などの各種事業を展開し、「モノの豊かさ」を実現する新しい選択肢の一つとしてロングステイの提案を行っています。

また、国内に関するロングステイはしばらく、その明確な定義がされていませんでした。当財団では、国内ロングステイの今後の方向性を探るべく、2008年度より全国の一般の方々を対象とした国内に関するインターネット意識調査(関心度、希望地、滞在期間、居住施設、選定基準、必要な情報、現地での過ごし方など)を実施し、国内ロングステイのニーズや方向性を分析した結果、2010年度に国内ロングステイの基本的な考え方および定義を定め、海外同様その普及と啓発に努めています。

コメントを残す