小林正典先生紹介

小林正典(こばやし まさのり)
1932年 東京・立川生まれ。郷里静岡県下田北高校卒業後、家業の農業に従事したのち、東京外語大学英米学科卒業。1957年、日本商工会議所貿易観光部勤務。1960年、藤田観光・小川栄一社長の観光事業構想に惚れ込んで同社に入社。箱根ホテル小涌園、京都国際ホテル勤務、本社国際渉外業務などに携わる。1968年からグアム島でフジタ タモンビーチホテルの開発・開業業務を統括。1972年同ホテル総支配人。グアム ホテル レストラン協会、グアム日本人会、グアム日本人学校などの設立発起人として活躍。1976年、グアム島名誉市民。その後、藤田観光・目白椿山荘営業支配人、本社営業推進部長などを歴任、1989年、再びフジタ グアム タモンビーチホテル総支配人。1998年、藤田観光を退職。グアム ホテル レストラン協会初のエメリタス・メンバー(終身名誉会員)。

コメントを残す

WordPress Image Lightbox Plugin