しょこちゃんの 昭和物語

しょこちゃんの 昭和物語

¥980

平野 祥子著


説明

典型的な昭和の父との交流を通して、庶民の歩んできた「昭和」を一人の女性の目を通して描くノンフィクション。平成の今に生きる“戦後生まれ”といわれる人々にとって、共感と、セピア色の時代を思い出させる「昭和物語」である。そしてまた、高度経済成長期からそれ以降の「昭和ノスタルジー」を色濃く描く、もうひとつの「ALWAYS三丁目の夕日」でもある。

関連書籍

『浅草いまむかし』

渋谷高弘著 上野俊彦訳

レビュー

レビューはまだありません。

“しょこちゃんの 昭和物語” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

WordPress Image Lightbox Plugin