もう一つの スチュワーデス物語(下)

もう一つの スチュワーデス物語(下)

¥940

川井 利夫著


 

説明

日本の航空会社が初めてヨーロッパ人キャビンアテンダントを採用したのは、今からほぼ25年前の1989年の。本書はそのヨーロッパ人キャビンアテンダント育成のための教育訓練を担当した専任教官の「今だから話せる訓練奮闘記」。日本とヨーロッパの文化の違い、「異文化体験」が、具体的に描かれている。

関連書籍

『もう一つのスチュワーデス物語 上』

川井 利夫著

『ことばは異なもの味なもの』

宇井戸 元著

レビュー

レビューはまだありません。

“もう一つの スチュワーデス物語(下)” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

WordPress Image Lightbox Plugin