縄文のDNA (pdf版)

縄文のDNA (pdf版)

¥300

森田 晃司著


電子版は、本書のペーパーバック版をそのままPDFファイル化したものです。

本書の「電子版」(PDFファイル)には、ロックがかかっておりますので、ダウンロードされる前にパスワードが必要となります。

pdf@total-e-media.jp あてのメールの件名を「パスワード請求」とし、通信文に「書名、〒住所・ご氏名(宛先)、TEL」(以上必須事項)を記載して送信してください。

折り返し、パスワードをメール返信いたしますので、ダウンロードボタンをクリックし、「パスワード要求画面」で通知されたパスワードを入力してからダウンロードしてください。

なお、追って代金の「請求書」を「あて先」にお送りいたしますので、到着後10日以内に同封の「郵便振替払込用紙」にてお振込みください。

パスワード請求はここからでも送信できます


 

説明

グルメブームにあって、いま日本の食卓は、ますます貧困になっている。「食あって国あり」というのは歴史が証明するところである.日本文化の継承を目指す地域フォーラム「命を伝える会」を主宰する著者が、縄文時代にさかのぼって日本の食の歴史をたどり、さらに、出雲地方の農業実践家である佐藤忠吉氏の村おこし活動をレポートしながら、食を軸に本来あるべき人間の生き方を考え、かけがえのない日本の文化の再生と発展の方策を探る。

レビュー

レビューはまだありません。

“縄文のDNA (pdf版)” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です